立正大学体育会ヨット部

6月21日監督メモ(個戦に向けて)

藤橋/高山へ
おはよう!
コンデションはどうかな?
今日明日ベストを尽くそう!
よほど強風でない限り、先週まで練習してきたことを確実にやること。
今まで言ってきたことをまとめたので一読してレースに臨んで下さい。
①スタートは、有利エンドも大切だけど無理をしないこと。上側から確実に出れれば、下側で後ろから出るより、よっぽどマシだからね。
②第一線で出れたら、そこから有利な海面を狙って突っ込め!
③上り過ぎずにヒールを確実につぶして走ること。
④タックする直前までヒールをつぶし続けること。
③タックは2人の息をしっかり合わせて確実に決めること。
④上マーク回航時、回る前からセールを出し過ぎないように。出し過ぎると抵抗になってスピードがつかないぞ。
抜かれる原因になるからな。
⑤サイドー下、前艇の下側に突っ込んでも抜けないぞ。突っ込み過ぎるようなら、スピンつぶしてでも、真後ろから、抜けるチャンスをうかがって、一気に上側から抜きにかかること。
⑥サイド回航後は、確実にきれ上がって、前艇、後続艇の下側に入らないように注意。それには、より早くスピンを入れ替えること。
⑦下マーク回航、出来る限り内側で回航しよう。マーク回航しながら風に合わせてセールを引く、早すぎると艇がスピードダウンするので注意。ティラー押しすぎるて上り過ぎないように注意。回航前に、先行艇がマーク付近で団子になっていたら、無理して後ろにつかず、大回りしてかわすこと。一気に抜くチャンスだよ。回航後、即タックして、内側に入れれば完璧。
⑧スピンダウンは落ち着いて、次ツイストさせないように綺麗に早く下ろそう。
⑨2レグ目も基本は同じだよね。
10.フリーでのジャイブ、絶対スピンをつぶすな!固くなってもいけないけど、意識をして動作する。これが大切だよ。サイドー下と同様、周りの艇との位置関係に中する。接近した状態で前艇の下側には突っ込むな!逆にかぶせられたら、ジャイブして逃げる選択肢もあるんだから。フリーで責めることを意識すること?
最後、2下マークへのアプローチをどちからからするのかが問題だけど、どちらから来ても、スピンを確実に張ることとメイントリムがキチンとやること。メイン全出しはダメだよ。最低クオーターで走ってるんだからね。マーク回航時は、サイドマーク回航と同じ要領で、絶対後続艇には抜かれないように。最期フィニッシュまで順位を上げられるように!
要は、勝つためのポジショニングと走らせ方を意識することだ。ベストでなくてもいいからよりベターな選択肢が必ずあるはずだから。
大切なこと『冷静に且つ大胆に』!
結果報告よろしく!
監督

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)