立正大学体育会ヨット部

閉会式でした。

昨日インカレ閉会式があり、あの感動秘話(?)も完結いたしました。まとめて一部引用すると、以下の通りでした。
ヒロシ(ヒデオじゃないほう)ハ、あの事故後、人を笑わせることが好きだったのデ、Circus(正確な発音で!)に就職しようとしました。ガ、日本にはCircus(正確な発音で!)がなかったので、フツウの会社に就職しまシタ。ヒロシは、仮病などをつかい、極力来日するCircusを見にいっていました。そしテ、何人かのPierrotと親しくなりました。そんなある日、親しかったPierrotが病気になり、ヒロシがかわりにでることになりました。しかし、極度の緊張と、経験不足から、Pierrotの足元にも及ばない出来だったのデス。
しかしここでハプニングが。森戸上空をヘリコプターが低空で旋回して、かのお方のお声が全く聞こえなくなってしまったのです。
結局、努力と実践をつんでがんばってください、というシメのお言葉しか聞こえませんでした。
や、十分にありがたいおことばでしたが。
もろさかさん、ハスくん、要さまと一応区切りがついたね、ということで森戸にはありがとうございました言ってきたよー。でも海への身投げ略して海投げはやっぱり4人プラスαでやらないと、ということでとっておいてあります。がんばって立正カップやって、そのときやろうね!
追伸 プラスαのひと!!連絡ちゃんとするように!心配するでしょうが!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)