立正大学体育会ヨット部

3月9日の練習報告

正味1時間ほどの乗艇で、さらに現役コンビで乗っているほとんどが沈で終わってしまったので、操船については何ともいえませんが、
●柄澤・能勢
沈をしたときにセンターボードへ行けるよう、腕力をつける筋トレをしてください。
●柄澤
沈をしそうなときは落ち着いて、クルーのすべき仕事(ジブのリリース、艇のバランスなど)をする。
●能勢
ティラーを強く握らないこと。ティラーはセンサーで感じるものなので。
全体的に作業は遅いのは佐々木さんのご指摘通りなので。
どうすれば効率よく動けるかあらかじめ考えておくこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)