立正大学体育会ヨット部

現役最後

ここからは、感想です。
先日、私にとって最後の大会となった
秋インカレ
の閉会式を行いました。
最初は「ちょっと泣くかも…」「どんな顔したらえぇんやろ?」
って思ってたんですが、いざ終わってみると、笑う事ができました。
案外さっと終わりました。
それは、すごい以外で、「こんなもん?」と少し物足りなさを感じたりもしました。
理由は色々あると思いますが、最大は
楽しかった
からだと思います。
長いようで短い4年間には、とても沢山の出来事がありました。本当は、1つ1つ書きたいのですが、長くなりすぎると思うのでほぼ省略します。
私はヨット部で得た経験。培った経験は、これから先どんな事にもプラスになると思います。
特にどんな経験がどこでプラスになるのか。
それは言葉では言い表せません。
なんかこぉ、胸の中では確信があるって言いますか…
確信はなくても言い切れる、あの強がりが見せる自信と言いますか…
本当に言葉では言い表せません。
言葉で言い表せられないのが非常に残念ですがきっと、自分の芯で本気で思ってる事は、誰にも言えないようになっているのでしょう。
ヨット部に入ってからの辛い経験、悲しい経験、怒った経験。
その時はもちろん嫌な思いもありましたが、今となってはすごい楽しかった経験となりました。
なぜ辛い経験が、後々楽しかった経験と変わるのか。
それは、沢山の人に支えられたからだと思います。
それがなければ、私は今ここにいません。
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
この気持ちは、
ずっと忘れず。
同じ思いを、後輩にも感じてもらえるように、
これからも努力します。
本当に
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)