立正大学体育会ヨット部

カントク日誌 GW編②

どうもカントクです。

2レース 第1レースの長文疲れたので適当に。

スタートは60点の出来。少しスタートラインに近づくのが早すぎた。ラインに間際の土壇場修正でスタート。スタート後はライバル艇との位置関係から先行されたとしても出来るだけついていく作戦。なぜならレーティングはこちらの方が低いのだ。レーティングとは簡単に言えばハンデで、船は大体長い(でかい)船の方が早く、船のデザインによっても性能の差が出る。それを埋めるためにクルーザーレースでは時間に差をつける方法でハンデが存在する。

いきなり飛びますが、フィニッシュはライバル艇に先に行かれてしまったが、レーティングで十分勝てる時間差でこちらもフィニッシュ!ははは、多分一位だ!と内心かなり浮かれていたが結果は着順4位の修正2位。大型艇がかなり先にフィニッシュしていたようだ。周りが見えてなかった。精進🥺

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)